不動産を購入する前に税金について知っておこう

ローン地獄から脱出する

マネー

再出発を手伝ってくれます

東京では、毎年たくさんの個人住宅が競売にかけられています。家を担保にして借金をしたものの、その借金を返せなくなってしまうケースが後を絶ちません。零細企業の経営者が自宅を担保に入れて会社の運営資金を借りるケースもありますが、一番多いのは住宅ローンを組んで買った家に融資元の担保権が設定されるケースです。競売に付されている個人住宅の多くが、住宅ローンの返済を滞らせた挙句、抵当権が実行されてしまった物件です。家が競落されれば、その代金で住宅ローン残高を幾分減らすことができます。しかし、競落価格はとても低いので、大切な家を失ったのにもかかわらず、多額の借金を背負い込み続けることになるのが普通です。でも、競売ではなく任意売却という方法をとった場合は、借金の残高を大幅に減らすことができます。借金の残高が少なくなれば、債務者は早く生活を建て直せるようになります。東京には数多くの任意売却業者がおり、住宅ローン地獄に陥った人の再出発を手伝っています。

早く相談するのが一番です

住宅ローンを返済し続けることが困難になってしまっても、すぐに任意売却業者に相談してみる気にはなれない人がほとんどです。苦労してようやく手に入れたマイホームを簡単に手放す気にはなれないのは、ある意味で当然のことです。しかし、結論をズルズルと先延ばしにしていると、大切なマイホームを競売に付されてしまうという最悪の事態に陥ってしまいます。そうなってしまいたくないのであれば、少しでも早く任意売却業者に相談してみるのが望ましいです。早い段階で任意売却業者に相談すれば、より有利な条件で家を売却しやすくなります。幸いなことに、東京にはたくさんの任意売却業者がいます。東京在住の人が業者探しで苦労するようなことはまず考えられませんから、一刻も早く任意売却業者とコンタクトをとってみるべきです。